パソコンを法人で購入するときには法人向けのパソコンが使いやすいです。これは一般のパソコンとは違い法人向けに特化した内容となっているので企業の方は注目といえるでしょう。今回は法人向けのパソコンにどんな違いがあるのか紹介します。

法人向けパソコンのメリット

専用職業に特化した仕様をしている

パソコンの能力の一つとして計算力があります。計算といえば表計算ソフトなどを思い出しますが、単に足し算や集計をするだけでなくグラフィックや音楽などにおいても計算は必要になります。計算能力の高いパソコ…

詳細を見る

不要なソフトが入っていない

会社で利用するためのパソコンとして、あえて個人向けのパソコンを選んでも基本的には問題ありません。ただ、法人向けのパソコンにしておいた方が様々な面でメリットがあります。たとえば最初からインストールさ…

詳細を見る

リサイクル料金の徴収がない

平成15年に資源有効利用促進法が始まって以降、自治体ではデスクトップからノートパソコン、液晶ディスプレイやモニタなどパソコンの収集・引き取りができなくなりました。一般的にパソコンにはリサイクルマー…

詳細を見る

ビジネスパソコンで取引を円滑に

ビジネスパソコンには文書作成やメール管理などビジネスに必要なソフトが標準搭載されているので効率よく仕事が出来ます。

BTOに対応するのが特徴

会社にパソコンを導入するときに用途に合ったものを選定しないとだめです。たとえばグラフィック関係ならグラフィック系に特化する機能が充実しているものでないといけません。BTOパソコンはニーズに合ったものを作ってくれるので内容を紹介しましょう。

BTOは自由度が高い

機能に対して比較的にリーズナブル

オプションが豊富でサービスの追加も可能

BTOパソコンとはどんなもの?

BTOとは、「Build To Order」の頭文字をとったもので、受注生産のパソコンのことを言います。注文を受けてからパソコンを組み立てるため、希望のCPUを採用してもらい、メモリーやハードディスク、マウスに至るまで顧客の要望に合わせて組み立ててもらえます。 BTOパソコンを導入するメリットとしては、自分仕様のこだわりのパソコンが手に入ることと、自分の予算に合わせて購入できることが大きなメリットです。また、グラフィックボードなど自分の使用目的に合わせてパーツを選べるのも魅力です。他には、一般のパソコンを購入すると不要なアプリケーションがインストールされていることが多々ありますが、BTOパソコンの場合は指定した必要最小限のアプリケーションしかインストールされていません。

拡張機能が豊富なのが魅力

パソコンを使用しているうちに、パフォーマンスが落ちてきたり、さらなる拡張をしたいと思ったりすることはよくあることです。BTOパソコンの場合は拡張性が高くなっていますので、パフォーマンスが落ちてきたときには、CPUをアップグレードすることも可能です。また、業務内容の変更などで、CADなどを利用し始めたときにはグラフィックカードのアップグレードにも対応可能です。もちろん、内部メモリーが少なくなってきたときには拡張も可能ですし、外部ストレージの容量に不満が出てきたときには、ハードディスクの拡張なども簡単に行えます。光学ドライブについても、CDROMから、最新のブルーレイディスクへのアップグレードも容易にできます。