BTOは自由度が高い

BTOパソコンって何?

BTOパソコンとは、Build To Orderの頭文字を取ったもので受注生産という意味です。メーカー製のパソコンなどとは違って、パソコンのパーツ構成が選べるというものです。ただ、受注生産といっても実際のところは、ある程度のモデルが作られていてその中でパーツの変更が可能になっているという感覚です。BTOパソコンを販売しているのは、パソコンショップなどが多いのでショップパソコンなどと呼ばれることもあります。
BTOパソコンのメリットは、自作パソコンの組み立てなど面倒な部分を行ってくれるということです。自分でカスタマイズが出来るので、自分の使用用途に合ったスペックのパソコンを作ることが出来るので人気が高いのです。

それぞれのパーツの役割

BTOパソコンは自由度が高いとされていますが、具体的にどの様なパーツを選択することが出来るのでしょうか。BTOパソコン業者によって選べるパーツが異なりますが、代表的なパーツとその役割を紹介します。
まずはCPUです。そのパソコンの性能を左右するといっても過言ではありません。人間で言うと脳やその人の能力に例えられることが多いです。次にメモリです。メモリが不足してしまうとパソコンの動作が遅くなってしまったりアプリが起動できなくなってしまいます。次にストレージです。ハードディスクやSSDですが、パソコンの立ち上げやアプリの高速立ち上げにはSSDが人気です。容量やスピードに違いがあります。
他にもケースや電源、クーラーなども選べますのでオリジナリティの高いパソコンがBTOなら簡単に作れます。